腸内環境を改善して過敏性腸症候群から抜け出そう

過敏性腸症候群を発症したら行う治療方法とは

普段の飲み物をミネラルが豊富なお水に変えるだけ

食生活の改善といわれても、どこから変えていけば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 ここで説明する改善方法は、特別難しい方法ではありません。簡単に、誰でも始められる方法です。難しいことは何もなく、多くの方は当たり前のように食べている食事のメニューの一部を気を付けるだけです。

出来る限り徒歩や自転車を使ってみる

あまり普段運動をしない方でも、ちょっとした距離なら歩いていくとか、エスカレーターやエレベーターは使わずに階段を使うといったことなら始めやすいのではないかと思います。 スポーツクラブに通うことも視野に入れ、ご自分の性格や生活習慣を考えて、続けられそうな運動を取り入れてみましょう。

腸内環境とメンタルは強く関連している

過敏性腸症候群を引き起こす原因は、体だけで考えれば腸内環境の悪さが最大の原因です。 しかしこの症状はそれ以前の精神的ストレスもかなり影響しています。学校や職場などでストレスを強いられるような生活をしていると、暴飲暴食や寝不足などに陥りやすく、結果として腸内環境を悪化させているというわけです。

食べ合わせに気をつけよう

過敏性腸症候群の中でもおそらく一番多い症状は「便秘」ではないでしょうか。
何日も便が出ず、出てもコロコロとしたウサギのフンのようなものという症状が主なものですが、その最大の原因は水分不足によるものです。
いや、私はお茶をよく飲んでいるから水分不足ではないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、お水以外の飲み物は、水分ではなく「食べ物」という風に腸内では認識されています。甘いジュースに比べれば健康には良さそうですが、一日1.5ℓはお水を飲まれることをお勧めします。
この症状の治療方法として一番有効な方法は、体内の水分量を増やして老廃物の排出に努めることです。下剤などで強制的に排出するのも致し方ない場合もありますが、出来れば自然に排出された方が体の為には良いと思います。下剤の中にはグリセリンという成分が入っています。体に害はありませんが、異物であることには変わりはありません。
そしてお水ですが、水道水以外なら特別何も考えずに飲んで頂ければよいと思います。硬水と軟水のどちらにもそれぞれの良さがありますので、自分が飲みやすいと思えるミネラルウオーターを飲まれるのが一番良いと思います。大切なのは、水を毎日飲み続けることです。今まであまりお水を飲まずに過ごされてきたのなら、まずは一日コップ一杯のお水を飲むことから始めてみて下さい。2週間くらいかけて少しずつ量を増やし、最終的に1.5ℓから2ℓのお水を毎日飲めるようになると、腸内環境はかなり改善されてきます。いつの間にか便秘に悩まされることも少なくなっているのではないでしょうか。

おすすめリンク

TOPへ戻る