腸内環境を改善して過敏性腸症候群から抜け出そう

過敏性腸症候群を発症したら行う治療方法とは

>

出来る限り徒歩や自転車を使ってみる

続けられそうな運動を日常生活に取り入れる

よし、何か運動を始めようと思っても、普段あまり運動をされていない方は続かないことが多いのではないでしょうか。
スポーツクラブに通って強制的に運動をしようと思っても、忙しさにかまけて結局会費だけ無駄にしてしまった、等という経験がある方は意外と多いと思います。特別何か運動をしようというのではなく、普段の行動を振り返ってみることから始めてみましょう。
例えば、普段バスで駅まで向かっているのなら、バス停ひとつ分だけ歩いてみる、自転車で駅まで通うなど、普段の生活で取り入れやすそうな運動を考えてみてはいかがでしょうか。スポーツクラブはわざわざ時間を作らなければなりませんが、駅までの交通手段を一部徒歩や自転車に変えるのはそこまで負担ではないと思いますし、意外と良い運動になります。景色も楽しめるので、精神的にもリラックスできるのではないでしょうか。

ヨガやストレッチは家でも取り入れやすい

普段からなるべく徒歩や自転車で通勤していたり、階段を利用するなどの運動は取り入れている方は、ヨガやストレッチなど簡単な運動習慣をつけてみてはいかがでしょうか。
ヨガも本格的なものは難しいですが、簡単に出来るものもあります。体が硬い方はストレッチも同時にやってみると効果的です。どちらも呼吸を意識して行うものなので、そこまで疲れることもなく、体を伸ばしてリラックスできるので寝る前の運動としても最適だと思います。仕事や勉強でかたまっているまま眠りにつこうとしても、深い眠りにはつけません。疲れすぎてそんな運動もする気になれないという方は、ただ横になって体を揺らしてみるだけでも違うので是非やってみて下さい。


TOPへ戻る